EMエコだより

戦争前夜?

2017-05-02 (火)

トランプ政権のシリアへの空爆が、北朝鮮問題を一気に巨大な難問に変えてしまった。
何をしでかすのか予測の付かないトランプ政権の北朝鮮への対応は、日本国民を不安の渦に巻き込んでしまったが、米国の「すべての選択肢の行使」発言に対して、安倍首相は、全面的な「支持」を打ち出したことが、より一層日本を危険な状況へと追いやった。
憲法9条を掲げる日本の首相であるならば、国民を守ることが第一義でなければならないはずであったのにも係わらず、武力行使を含んでいる米国を支持することは許されない。
昨年、「お助けマン」程度の役割しか想定しないで安易に閣議決定した「集団的自衛権の行使」も、ここに来て危険極まりないものへと姿を変えて国民の前に現れた。
米国の軽率な行動が万が一にも実行されたなら、日本は北朝鮮からの「在日米軍への攻撃」を受けることになってしまうのだ。
また、今日、自衛隊の護衛艦が米軍の補給艦を防護するという。
北朝鮮問題を米国一辺倒で解決しようとしてはならないとの指摘もある。
中国、ロシアへの働きかけを通じて、武力によらない解決策を探ることが重要であると。
米国はすべての行動を日本と事前協議するとのことであるが、日本国民の誰もが戦争を望んでいないにも関わらず、米国の万が一の行動で、したくもない戦争へと巻き込まれてしまうのだ。
今回の事態により、軍事力の増強でアジアのリーダーに成らんとする、安倍政権の危うさが明らかになった。
そして、もし、在日米軍への攻撃があった場合でも、それは、治外法権の地域への攻撃であり、日本を標的にしたものではないことを明確に認識し、戦争への突入は絶対に避けなければならない。
29日の北朝鮮のミサイル発射の報道対応で、北陸新幹線と東京メトロが一時運転見合わせを行ったとあった。
過剰反応の何物でもない。
安倍首相は、様々な危険性を口にし、マスコミがそれを垂れ流す。
国民の心の中を、不安で満たしていくことに成功していることに外ならず、ミサイル発射の当日はタレントを集めて花見をしていた安倍首相の口車に易々と乗ってしまっている。
今、冷静な判断を求められるのは、なぜ、米国と北朝鮮の諍いに日本が参加しようとするのか、参加しなければならないのか、である。
安倍首相は、戦争する国、強い日本を目指している。
平和で他国から尊敬され信頼される国を目指していないことは明らかである。
軍備を増強することで物言える日本になると信じている。 
教育勅語を意味不明のまま暗唱し、お国のために死んでいく子供たちを育てることが最高の教育だと考えている。
頼りない防衛大臣、官僚任せで共謀罪の説明をしようとしない法務大臣、被災地に寄り添わない復興大臣など、政治家の質がこれほどまでに落ちてしまったのか、それとも、国民が狂いだしたのか、どちらにしても、日本の衰退は明らかになってきた。
人口が減ることではない。
日本人の心がどんどん瘦せ細っていき、他人に関心がなくなり、自分を愛せなくなっていく。
謙譲の美徳、慎ましさは既に死語ではなかろうか。
 
共謀罪が成立したならば、例えば、ネット上にある「安倍首相」のキーワード検索で、批判をしているサイトを監視し、権力側の意図で「危険な思想の持ち主」と判断すれば、個人を特定し、捜査の対象になりかねない。
恐ろしい法律が次々と作られていく。

一人一人に出来ること。
毎日を常に悔いなく生きること        
周りに感謝し、礼を言葉に表すこと
いかなる恐怖にも冷静に判断できる心構えをしておくこと
報復や復讐などの言葉に過剰反応しないこと
戦争を支持しないこと

森友学園

2017-03-28 (火)

様々な問題が明らかになり、国会でも騒いでいますが、最も大きく取り上げられなければならないのは、安倍首相も昭恵夫人も、騒動になる前までは、籠池氏と「同志」としてお付き合いしていたことです。
幼稚園の園児に対して、己の思想を植え付ける教育に共感していたことです。
教育勅語という、明治の国体を賛美する教育に賛同していたことです。
安倍政権は明らかに「国家のための国民」すなわち「国のために命を捧げられる国民」を目指す教育を押し付けたいのです。
国家というものは、時の権力者によってその本質が変質するが故に、国の言いなりになる思想教育は、マクロ的な視点で考えれば大きな過ちを犯してしまう原因となります。
ナチスを想起させる幼児達の行動には、昭恵夫人が言う「素晴らしさ、感動」など到底感じられません。


玉ねぎ

2017-03-25 (土)

3月13日にポットに播種した玉ねぎと長ネギが順調に伸びています。
昨年は、ビニールで覆ったまま直射日光を数時間当てたせいで、発芽しなくなった失敗を繰り返さないように、温度計を並べて気を配りました。
覆土は5mmほど。普通は種の2~3倍くらいと言われていますが、薄いと伸びてきた時に倒れてしまうことが多く、発芽に時間がかかっても、深めにした方が良いような気がします。
また、玉ねぎ、長ネギは30℃を超えると成育に支障が出ますが、かと言って日光は出来るだけ浴びせた方が苗には良く、調整が難しいところです。
夜間は10℃前後にするために、場所を変えるか、カーテンの窓側で温度を下げるか、工夫が必要です。
水分は表面が乾燥してきた時の朝方に、全体を水に浸すドブ漬けにするのが一番。
週に一度くらいの割合か。
「苗半作」という言葉がありますが、良い苗を作ると定植後も成育が良くなります。

谷査恵子女史

2017-03-25 (土)

「役人の忖度」が取りざたされているが、口裏を合わせてしまえば、すべては闇に葬られる。
安倍昭恵夫人付きの谷職員の言動が大きなキーポイントとなろうが、虚偽の発言をすることは一生の後悔となる。
エリートの誇りと清らかな道徳心があることを望むばかりである。

米国国防費9.2%増額

2017-03-01 (水)

減額の対象となるのは、海外援助、環境対策、外交対策の国務省の再編などが挙げられている。
海外へのドル支出を抑え、国内での消費による経済活性化策だ。
世界をリードしてきた米国が、この大きな方針転換することの影響は、地球の環境悪化とアフリカの貧困、中東の不安定化を促進し、未来に大きな不安を作り出していくことになる。
議会でどの程度まで制御できるのか、先の見えないトランプ政権である。
そして、米国追随を明らかにした安倍政権が、ますます軍事費を増大させ、アジアの盟主たらんとしていることは、中国との衝突の危険性を予感させる。
中国に対抗して軍事費を増やしていくことの愚かさを感じる感性が、安倍のお坊ちゃんには欠けている。

猫トキソプラズマ

2017-03-01 (水)

猫から感染するトキソプラズマという原虫は、胎児に危険を及ぼす。
最近読んだ本には、パリの妊婦の84%、ニューヨークで32%、ロンドンで22%が感染していたと書かれていた。
そして、不思議なことに、感染すると妊婦以外の成人には性格の変化が現れるのだが、男性は陰気になり、社会ルールや道徳を無視するようになり、疑い深く、嫉妬深く、不安になりがちで、一方、女性は明るくおおらかになり、心が広く決断力のある自信家になるという。
さらに、感染者は、男女ともに反応が鈍くなり集中力を失うことが多くなる。
プラハのある病院では、交通事故を起こして入院した患者は、事故を起こしたことのない市民に比べて高い確率でトキソプラズマに感染しており、3倍も高く事故を起こしやすくなるとある。
トルコでは4倍にもなるという調査結果もあるとのこと。
最近、老人による車の事故が増えている。
高速道路での逆走、踏み間違いによる追突、衝突、歩道への進入による死亡事故まで起きている。
ひょっとすると、その一部には、猫からトキソプラズマに感染した人たちが多くいるのかもしれない。
人に媚びないことと併せ、毎日の散歩やほえ声での近隣への配慮をしないで済む猫の人気が高まっていて、エサの購買量から推測した飼育数は殆ど犬と同数という。
口移しでエサを与えた時に限らず、飼い主に切り傷があって、糞尿を始末する時にも感染の可能性があることを肝に銘じておかなければならない。
顧みると、自分の集中力の無さもトキソプラズマのせいなのかも?

森友学園

2017-03-01 (水)

数日前からテレビではどの番組でも毎日、土地購入に関する問題から始まった様々な疑惑を解説しています。開設認可に関しても、「行政の認可ありき」により委員達の不信を無視していたことが明らかになってきて、基本金もなく、永続的な経営にも不安を抱かせるほどだとのこと。
教育方針にも大きな違和感があり、幼稚園児に戦前の教育勅語を暗唱させ、中国、韓国に対しての嫌悪感情を起こさせ排除することを教え込む。
道徳の時間も通常より3倍も多い年間105時間と異常。
年配者を敬う精神は尊いが、上意下達の盲目的に従う教育は「教え育む」事からかけ離れている。
英語なども取り入れているようであるが、自国第一主義では国際人としては活躍できず、また、イエスマンだけでは、国の活力は生まれないし信頼されない。そして、大きな間違いを起こす

ナノ粒子の危険性

2017-02-28 (火)

ネット情報から
ナノ商品が目立つようになってきました。
危険性が指摘されだしたものは、出来るだけ近づけないようにしたほうがよろしいでしょう。

EUから支援を受けたプロジェクトで、スペインの大学研究者らのチームを率いて、金ナノ粒子が細胞の脂質膜を通過することが可能であることを初めて直接的に示した研究論文を昨年11月に発表したウラジミール・バウリン博士のインタビュ-の要旨です。

「放射性物質が最初に社会に導入されることになったとき、科学者がその危険性について認識するまでにしばらく時間がかかった。これと同じようなことが今日のナノテクノロジーに関しても当てはまると博士は述べています。またナノ粒子が人体にとって危険性が高い理由として、生体内に存在する全ての生物体、生体分子、タンパク質は、数十億年もかけて進化し、お互いに適応していくが、ナノ粒子は合成されたものなので、生体とは異質なものとして捉えられ、生体に適合し、毒性をなくすことは非常に難しいからであるとしています。」

「パン工房ひかり」さん

2017-02-21 (火)

2月21日北海道新聞朝刊14面に、「パン作り覚え才能開花」の見出しで大きな記事が掲載されました。
EMXgoldを入れたり、水をセラミックスに通したりして、冷凍やけのない美味しいパン作りをしている「ひかり」さんですが、記事にあるように、通所されていた方々が、素晴らしい仕事をするようになったことで、職員として働けるようになり、売り上げも20年ほど前の20倍を超えています。
社会弱者と言われる人たちが、本来持っている資質を存分に発揮できる環境が整ったことによる素晴らしい結果だと思います。
施設長さん始め職員の方々の努力と創意工夫も大きな力となっています。
昨年末からは、EMXgoldを入りの大福の販売店舗もオープンし、さらなる飛躍の年になりそうです。
お近くをお通りの際はぜひお立ち寄り下さい。
パン工房「ひかり」さん(新道沿いです)
住所 東区北33条東14丁目5-1
電話 011-733-3808

ひかり道新2017.2.21

南スーダン

2017-02-14 (火)

自衛隊員が「戦闘」と感じて日報に記録したものを、稲田防衛相は「武力衝突」と言い張る。
自衛隊トップの河野統合幕僚長は「よく意味を理解して使うように指示した」と言うが、その裏には「戦闘」という言葉は使わぬこと、の意味が含まれている。
昨年7月は、国連職員が政府軍兵士に暴行された事件が起き、数百人の死者が出た異常な状態で、国連軍も救助に行けない程であったと報道されている。
ネットから、日報の内容を探してみた。
「宿営地近くで激しい銃撃戦」「今後もUN(国連)施設近辺で偶発的に戦闘が生起する可能性」「直射火器の弾着」「戦車や迫撃砲を使用した激しい戦闘」事態悪化時の想定として「ジュバでの衝突激化に伴うUN(国連)活動の停止」を挙げ、PKO継続が困難になる可能性にも言及していた。
国連安保理で、南スーダンへの武器禁輸などの制裁を科す安保理決議案に対して日本は反対した。
武器の流入は、より情勢を悪化させるであろう。
日本政府は何をしようとしているのか、まったく理解できない。
自衛隊員の生命を危機にさらさぬことをまず第一に考えて欲しい。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩