Home > 過去ログ > 2015-04月

2015-04月

じゃがいも 高畝式プレリッジ方式

2015-04-16 (木)

3年ほど実行している高畝式は、まだ、土が柔らかくて扱いやすい春先の一度の畝作りの手間だけで済み、後は、細い苗だけの間引きで収穫を待つだけの高齢者向けの手抜き農法。
しかし、ネット検索してみると、発芽率が悪いとの書き込みあり。
通常の方法に比べると発芽までに1週間ほど長くかかるので、切らずに植え込む必要があることを知らないか、もしくは、こちらが「浴光発芽」で強い芽を出しているせいなのか、そのあたりが差になるのかもしれない。
この3年の結果からは、大き目の種イモだと太い茎が出てきて、収量も多いことがわかった。
雨の少ない年は早目に枯れて、収穫は早いがイモは小ぶりという結果。
何にしても簡単で、法尻のレタスも収穫できて、狭い畑の活用法としても良いと感じている。

ジャガ左14-07-06

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩