Home > 過去ログ > 2012-10月

2012-10月

レトリバー猫

2012-10-18 (木)

雨の日に高校のグランドに捨てられていたところを拾われて、西の里に連れてこられたモモも10歳を越しました。
雄猫のせいなのか、遠くまで見回りに出かけるため、今までに2度負傷しました。
先月の傷もEM-XGOLDを飲み水に混ぜることと、EM-1の患部塗布で回復はしましたが、最近は寒さのせいか外出時間も短くなってきています。
昨日、掃除をしていたら、以前よく遊んでいたカラカラと音の出るネズミに似たおもちゃが出てきました。
放ってやると、見事なジャンピングキャッチをしtものですが、しばらくぶりにしてみると、動画のように背伸びするだけになってしまいました。
もう10歳になりますから、瞬発力が無くなったのかもしれません。
それでも、持って帰ることだけはしてくれました。
残念ながら、容量が大き過ぎてカメラから動画が移せませんでした。

             チビの腹見せ             
CIMG3472

   モモの額の喧嘩傷(膿が溜まって毛が抜けた)
CIMG3495

10月のスイカ

2012-10-08 (月)

昨日、実家に用事があり岩見沢へ。
EM歴17年のAさんに連絡を取り、畑で会う。
1トンもの収穫があったというタマネギを分けていただき、おまけにまだ畑に残っていたスイカをいただいた。
タマネギは大きいものだと450gもあり、一般の人は嫌うというが、皮むきの面倒さを考えると、大きいほうが楽と考えるのは私だけ?
味のほうは、ボカシとEM活性液の大量散布で、当然甘味がある。
有機JASの認証はないが、信頼のおける関係であれば、それでいいのだ。
タマネギに関する情報。
・切ってから15分ほど空気にさらすと、血液さらさら成分が増える。
・一度、冷凍にしてから刻んで炒めるとあっという間に色が付いてきてペースト状になる。
・3月近くになってくると芽が出てくるので、冷凍庫が空いていれば入れて保存。
しゃきしゃき感はなくなるが、炒めても煮物でもOK。
焼肉の時にもすぐ火が通り美味です。
スイカは思った以上に甘くて、おすそ分けしたご近所さんも大喜びでした。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩