Home > カテゴリー > 日記

映画「TOMORROW パーマネントライフを探して」

2018-02-14 (水)

2月12日ちえりあにて鑑賞。
未来へ続くライフスタイルを探るために、様々な分野の新しい活動、生活を訪問したフランス人ジャーナリストの旅を収めた2015年制作のドキュメンタリー映画。
自前のエネルギーのみならず、インクは生分解性を考慮した水溶性のもの、廃棄紙もリサイクル、雨水の活用など、環境に負荷を一切かけない100人を越す従業員を抱える封筒製作会社。
200万人を越えていた人口が70万人にまで減ったことで、空き地が増え、そこを都市型有機農業菜園として活用し始めたアメリカのデトロイト。
広大な面積での単一作物の生産よりも、多品種共生栽培の生産性と持続可能性の高さを主張する農業者。
様々な人種がいる教室で、子供たちを縛らず自由な状態で勉強させ、「試験をすることよりも教える時間を大切にして、学び方を教える」と答える、教育水準が最も高いと言われるフインランドの教育者。
グローバル企業よりも地域の経済活性化のために、地域通貨の流通を広げる英国の地方都市。
水力と地熱エネルギー発電システムで100%のエネルギー自立を目指すアイスランド。
どの活動も、市民の自立した思考の中から具体化したもので、官頼みの日本とは天と地ほどもかけ離れたものに思われた。
山本太郎議員の国会質問の中で明らかにされた5年前との貯蓄比較では若年ほど減っているというのに、最近の調査では、若者ほど安倍支持率が高いという不思議。
そして、少数を尊重するべきはずの民主主義さえもおぼつかない日本の政治が、近い将来、日本を沈没させてしまうことに気付かなければならない。
攻撃を仕掛ければ破滅が待つ北朝鮮の政治体制よりも恐ろしいのは、防衛費を増大させながら、国民の生活を顧みず、10年先さえも考えない安倍政治である。

大阪国際女子マラソン

2018-01-30 (火)

28日、テレビのチャンネルを変えていると、選手の胸に㈱奥村組のゼッケンを付けた女子選手。
マラソン選手の育成を始めたのか、と思っているとすべての選手に付いている。
おや?と思っていたら、なんとメインスポンサー。
コマーシャルも「奥村くみ」と名乗る女性が現場に出て「建設」の良いイメージをアピール。
「ここまでやるようになったか」と、思いながら、普段見ることのないマラソン中継を、最後まで見てしまった。
見ているうちに、忍者走りや、腹筋女子と言われる個性ある選手たちに面白さを覚えたからだった。
結果、大阪で鍼灸院をしている母親に育てられた、あっけらかんとした腹筋女子松田瑞生が優勝したが、3位に終わった忍者走りの安藤友香も期待出来そうな選手と感じた。
2020年の東京オリンピックは真夏の開催。
省エネ走りは体温の上昇も少ないので、寒い冬では身体が暖まらなかったための苦しい3位と感じたからだ。
より暑いほうが、彼女にとっては有利になるような気がする。
これからの代表選考会が楽しみである。

それにしても、奥村組のコマーシャルは都市建築の現場ばかりで、トンネルや高速道、河川などの土木工事の現場が一度も出て来なかったのが残念。
「街から離れた土木現場に赴任させると、退社してしまう」と聞いたこともあるが、元土木技術者としては、自然を相手に仕事をすることの喜び、やりがいをアピールして欲しかった。
そして、もう一つ、頭に浮かんだのは、かなり今期の会社の業績が良いのであろうということ。
建設業界は、福島の復興事業に加え、東京オリンピック、談合問題のリニア工事とバブルの状況。
今は、官製相場と言われる株式市場、出口を考えない金利政策で進んでいるが、オリンピック後の建設業界、ひいては日本経済には大きな落とし穴が待っているように思えてならない。

改憲による護憲

2018-01-06 (土)

立憲民主党の山尾志桜里議員が主導し、発表した改憲の中身は、安倍首相による違憲とされる「集団的自衛権」を現在の憲法では「解釈」で法律化され一部容認されてしまったことを踏まえ、憲法に集団的自衛権の放棄を明記することで、時の政権の暴走を阻止する目的とされる。
また、イギリスでは禁止された政権側に有利な首相の解散権の廃棄など、権力の暴走を止めるための憲法への改正とされる。
今までの絶対的な改正阻止だけを唱えることよりも、毎年、防衛予算増加を重ね、空母の保持や敵国攻撃ミサイル、そして、確率の低いとされる迎撃システムの購入など、安倍政権が何を目指しているのかを明確にしようとする改憲論議は評価されるべきと考える。
貴ノ岩の嘘から始まり、貴乃花の妄想、旧態依然の理事会、おかしな構成の評議員会など、それぞれの少しずつ選択を誤った日馬富士暴行事件に、多くの第三者たちが「推測」でしかない話を延々と時間を割くことよりも、すべてのマスコミは、今年の最大重要事案の「憲法」をより多く取り上げるべきであろう。

「土と内臓」

2017-12-13 (水)

植物は根から炭水化物を出すことで微生物を招き寄せ、根の保護被膜となり病原性微生物の繁殖を防ぎ、土中の有機物を分解させることによって、酵素や有機酸を生産させる。
それは、岩石からミネラルを溶出させることにもなり、己の成育を助長している。
逆に、化成肥料を使用してしまうと、植物の有効的な自助作用を阻害し、病原菌に対する抵抗力を減少させてしまう。
ひ弱な植物になってしまうということだ。
マメ科作物では、フィトケミカルの一種であるフラボノイドを生産して根から放出し、根粒菌を呼び寄せ、根の根毛細胞を操って根粒菌の周囲を囲んで丸めてコブを作り出す。
この根粒菌のコブは空気中の窒素を肥料分として吸収できる形である硝酸態窒素に変化させる。
それで大豆では肥料をやらないでも良いことになる。
そして、反当り20kgの窒素を固定化する能力があり、この量は、トウモロコシを作る時の窒素必要量と同等であるということで、まさに、無肥料栽培の可能性が十分にあることの証明でもある。
また、長期農業試験では、畜糞堆肥を施した有機農業では、土壌炭素と土壌窒素が増加することが明らかになり、捕食するクモの増加によりアブラムシが半減し、生きた農薬として効果が出たという。
反対に、無機の窒素、リン、カリウムを施すと微生物が土壌有機物を分解する速度が3倍以上になるという記録もあり、土壌が痩せていくことの現実と合致する。
人間の腸内細菌も、善玉菌を増やすためには、精白糖は厳禁で、やはり玄米や全粒粉などの全体食が最善のようだ。
摂取後すぐに吸収されてしまう精製された食物は、内臓などの各器官に異常を及ぼすようで、人工甘味料(カロリーゼロ)は腸内細菌のバランス異常を起こし、Ⅱ型糖尿病や肥満を引き起こす。
神経伝達物質セロトニンは大腸で生産される神経系と繋がっているので、腸内細菌の異常は感情に影響を与えてしまう。
また、脂肪の取り過ぎは、大腸への胆汁の過剰流入を引き起こし、大腸で二次胆汁酸に変わると細胞に毒性を持ってしまい、細胞の異常な成長を促し、腫瘍に変わる可能性が生まれる。
マグネシウムの不足はADHD、うつ病、統合失調症の原因となり、マウス実験では、アトピーや腸炎の発症も確認されている。
亜鉛不足は感染症、鉄不足は集中力の低下、銅不足は骨の不形成の要因となる。
おばあちゃんの作る茶色の食事、砂糖や脂質の少ない昔ながらの日本食が健康を維持することになる。
炭水化物、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど、健康管理は、それほど難しいことではないのかもしれない。

「愛と微生物の」のすべて 

2017-12-13 (水)

副題 新量子力学入門 1960円         著者 比嘉照夫 森美智代 白鳥哲

比嘉先生、映画「蘇生」の白鳥哲監督と、一日の食事は青汁1杯だけという生活を続けている「不食の人」森美智代さんの共著です。
森さんは牛の腸内細菌と同じものを腸内に生息させているので、青汁に含まれるセルロースからアミノ酸を作り出しているようです。
しかし、その摂取量から考えると絶対的に少ないので、まるで仙人のように身近なもののエネルギーを取り込んでいるようです。
白鳥監督は、超能力で病気を治癒していたエドガーケイシーを題材に円が制作を進めていますが、「気」による物理現象をメインテーマとしているようです。
その現象に対して、比嘉先生は「重力波」という言葉で、説明されています。
EMの有用微生物を働かせていくと、「イヤシロ地」が出来ると昔から言われていましたが、最近では、その実証がなされてきたそうです。

比嘉先生講演会

2017-12-13 (水)

10月28日、新さっぽろのホテルを会場にして、講演会、その後懇親会が催されました。
「ぴよちゃんクリーニング」でおなじみの㈱エースランドリーさんのオーガニッククリーニング事例発表から始まり、幌延町の安心生産農園の合鴨飼育事例、豊富町の有機放牧酪農で低温殺菌牛乳の事例、三笠市の生ごみ全量を堆肥化して有機農業で活用して6次産業化の事例、25年有機農業で有機JASメロンを生産している事例、そして、本州から塩活用、獣害対策などの事例が発表されました。
比嘉先生のEM最新技術である「畑に対する整流」には、かなり難解な部分がありましたが、来年は試しにやってみようという会員も多く、動物対策として効果を体験したいと思いました。
講演会は230人を越え、その後の懇親会は120人ほどが参加して盛り上がりました。
来年は更なる飛躍の年になるような予感がしました。

鈴木邦男著「天皇陛下の味方です」

2017-11-19 (日)

元右翼の鈴木邦男氏。
ヘイトスピーチを始めとする弱いものいじめ行動の右翼とは完全に一線を画する鈴木氏の著書。
日本における天皇家とは、実権力を持たずに来たからこそ、2000年もの長い期間維持されてきたと言う。
そして、歴代天皇の平和思想に言及し、天皇家を権力の道具としか見ない現右翼勢力を批判する。
天皇家を敬うと言いながら、天皇家が自分たちとは違う姿勢を見せた時には、明らかな批判を行う右翼勢力を問題視する。
また、現在の安倍政権の嘘を明らかにし、沖縄に対する差別に対しても、解消する姿勢が全く見えないことに義憤を感じている。
人間としての誇りを持った行動に対しては尊敬の念を忘れず、三島由紀夫の決起に対しても優しく大きな心でとらえている。

まだ、明仁皇太子と美智子妃殿下だった昭和60年春、協力隊の壮行会で、皇太子に「あなた」と呼び掛けていた美智子皇后の気取らなさに驚いたものだったが、天皇家で存在することの苦しさを考えると、もっと自由な毎日が過ごせるような環境を整えなければならないと感じた。
そして、天皇陛下の平和希求の思いを大切にしなければならない。

アイヌの人たちへの差別

2017-10-13 (金)

最近の道新の特集記事により、40歳代の人たちにも大きな差別があったことに驚き、そして、世代によって「アイヌ観」に大きな違いがあることを知らされました。

そして、今朝、北海道環境メッセージからのメールにより、「環境にやさしいエコな暮らしをしていた縄文、アイヌの人々に関する情報はこちらから」とあったので、道庁HPにアクセス。

「アイヌ政策推進室」「アイヌの人たち、アイヌ文化への理解を深めるために」「アイヌ語とは」と進むと「アイヌ語の歴史」として次の文章が現れた。

「明治時代以降、日本語による教育をはじめとするアイヌ民族の同化政策が押し進められ、アイヌ語は日常生活から急速に姿を消していきました。大人のアイヌの集まりなどでは、自然にアイヌ語が口をついて出ましたが、子供たちには、その将来を考えて、アイヌ語より日本語を身に付けさせようとする親が多かったといいます。
その結果、しだいにアイヌ語は「滅びゆく言葉」とみなされるようになりました。」

アイヌ語が滅びゆく元凶は、日本政府の強圧的な政策にあったはずであるのに、親たちの関与が大きかったような曖昧な表現がされているように読み取れる。

それまでの豊かな生活の場を奪われ、生きにくい辺地へ追い込まれた上、鮭の捕獲を禁止されるなど生きる術を失った時、親たちに何が出来たのであろうか。

そんな事を考えていたら、沖縄のヘリ墜落事故が思い出された。

沖縄本島北部の米軍基地返還で面積的には縮小したが、ヘリパッドの新設により、以前に比べ騒音被害や危険性は大きくなったことが言われていた。

案の定、今回の事故である。戦時中には、日本兵に射殺された人たちがいる沖縄も、アイヌの人たちと同じく、未だに差別され続けている現状を強く認識しなければならない。

北朝鮮への軍事力行使

2017-10-10 (火)

道新の9日朝刊に、衆院選の立候補予定者への政策アンケートの回答の記事があった。

愕然としたのは、「米軍による軍事力行使を支持する」が自民で39.9%。維新77.5%、希望21.3%という数字である。

他の党の数字は出ていなかったが、共産99.2%、立憲民主85.2%が「不支持」とあったので、この両党は「支持」はかなり小さな数字と考えられる。

この質問が「日米両政府が圧力を強めても、平和的解決が最終的に困難な場合」という前提ではあっても、軍事力行使が日本に何をもたらすか、ということを考えた時、「支持する」ことなど到底できないはずである。

数年前に山本太郎議員が「原子力発電所へのミサイル攻撃」に関して質問した時に何の対策も示せなかった政府が、米国の軍事力行使を支持するならば、原爆も水爆も必要なく、各地にある原発への数十発以上のミサイル攻撃が始まるのだ。

憲法第9条の1項にある「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」を遵守しなければならない日本は、米国の武力行使を止める立場にいなければならない。

しかしながら、安倍首相は、トランプ大統領との一体感を強調し続け、武力行使までも許容するかのような発言を繰り返して、北朝鮮の日本に対する敵意を煽り立てている。

ましてや、集団的自衛権という違法と言われる法律によって、北朝鮮からのミサイルへの迎撃態勢も準備され、容易に日本が戦争に巻き込まれてしまう段取りになってしまっている。

いま、事が起これば、自衛隊員だけが生命の危険にさらされるわけではない。日本国民のすべてが、そして、日本が壊滅してしまうことを想定した時、軍事力の行使を支持するなどとは決して言えない筈である。

改憲も悪くないんじゃないかと思っているあなたに知ってほしい7つのこと(ネットから)

2017-10-03 (火)

(寄稿 : 水上貴央/弁護士)
「憲法って、もう 70 年も変えてないなら、そろそろもっといい憲法にしようという議論があるのはむしろ自然じゃないか。
とにかく改憲はダメと言われても、左翼っぽくて共感できないな。だいたい、対案も出さずに反対ばかり言うのって、おかしいんじゃないか?」
そんな風に思っている人も、やっぱり結構多いんじゃないかと思います。私たちが主体的に時代にあった憲法のあり方を議論する、それ自体は決して悪くないですよね。
そんなあなたに、今回、7つのことをお伝えしたいと思います。
1.私は絶対に改憲が認められないとは考えていません。憲法には改正手続きが定められていますから、熟議のうえで、適切な改憲はなされる場合があり得ます。
しかし、今回の自民党の改憲草案(これは政権与党による最新の明文の改憲草案ですから、政権与党の憲法観であると理解して当然です)は、立憲主義的な意味で、「憲法」ではないのです。

2.そもそも憲法というのは、国民がはじめから当然に持っている人権を国として確認し、ときの為政者や多数派の横暴にブレーキをかけ、基本的人権を侵害するような法律や処分等を 無効にするものであって、国家のために国民の権利を制限し一方的に義務を課すためのものではありません。

3.国家を運営するためには時として国民に義務を課すことも必要ですが、不当な人権侵害は許されません。
だからこそ、国民の義務は「法律」で規定し、万一それが不当な人権侵害となる場合には「憲法」によって無効化するというしくみがとられているのです。
「憲法に保障された基本的人権」が「法律によって課せられた義務」に優先するというのが立憲主義の基本的な考え方です。

4.ところが、自民党の改憲草案を見ると、表現の自由などにわざわざ制限規定が入れられ、国民には憲法尊重義務が課され、それ以外にも、家族仲良くといった、国が国民に義務付けるようなものではない道徳規範をふくめ、国家が国民に様々な義務を課しています。
「常に公益及び公の秩序に反してはならない(自民草案第 12 条)」という義務に至っては、これを根拠に国民の側に広範な義務が課せられかねません。
憲法を根拠にした人権侵害が生じてしまったら、憲法が私たちの人権を守る砦ではなくなってしまいます。

5.立憲主義における憲法とは、為政者や多数派の横暴から国民の基本的人権を守るということが、そのおおきな存在意義ですから、その役割をうしない、むしろ私たちの基本的人権を制約する根拠となるようなものは、どのような名前がついていたとしても、その実質において 「憲法」ではありません。
つまり、自民党改憲草案は「憲法」ではないのです。

6.ですから、今回の争点は、改憲ではありません。
「憲法を破壊し憲法でないものにするか、立憲民主主義の国で居続けるかどうか」です。
自民党の憲法改正草案に反対すると、対案を出せなどと言われることがありますが、憲法を破壊するという提案に、対案を出す必要はありません。

7.立憲主義、民主主義の枠組みの中で、憲法の改正を議論するのは結構です。
憲法第 9 条の改憲の議論なども、タブーとせずに正面から議論すれば良いでしょう。
私自身は、あえて憲法を変えることなく十分に国民の利益を守ることができると考えますが、多様で冷静な議論は歓迎します。
しかし、立憲民主主義自体を否定するような「憲法の破壊の議論」は、そもそもし始めること自体が間違っています。

とても大事なことなのでもう一度言います。
今度の選挙の争点は、改憲ではなく、立憲民主主義の国で居続けるかどうか、です。
憲法の破壊を食い止めたうえで、冷静に憲法のあり方について議論をしませんか。

※(補足) なお、現在の憲法が規定している国民の義務は、「勤労の義務」、「教育を受けさせる義務」、「納税の義務」の3つだけです。
勤労の義務は勤労の権利の、教育を受けさせる義務は子供の教育を受ける権利の裏側としての性質を持ち、納税の義務は、法律によって定められたオープンで公平な税制の下で私たちが主体的に国を運営していくための規定という性質を持つことから、例外的に認められてきたものです。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩