Home > カテゴリー > 日記

逢坂誠二議員

2020-11-12 (木)

11月4日の予算委員会で、学術会議のほかに少子化対策、原発避難計画を取り上げていました。
少子化対策では、
結婚した家庭のこどもの数はおよそ2人でさほど変わっていないが、結婚件数の減少が少子化の大きな原因。
婚姻数は最多の1972年で100万件、2018年は59万件。
年収別有配偶者率でみると正規雇用者59%、非正規雇用者15%。
明らかに経済的な問題。
不妊治療の保険適用や給食費の無償化などの子育てへの補償も必要だが、若者への公的資金投入は殆どが消費され経済を回すことにもなるので有効。
原発避難計画では、
菅総理から「しっかりとした避難計画のない中で、再稼働が実態として進むことはない」との答弁を引き出していました。
質疑を聞いていて、爽やかさを感じる議員はなかなかいません。
北海道知事選に出馬しないで本当に良かった。
国政でしっかりと職責を果たしてください。

女川原発

2020-11-12 (木)

宮城県村井嘉浩知事は「原発がある以上、事故が起こる可能性はある。事故があったからダメとなると、すべての乗り物を否定することになる。」と言った。
情けない。乗り物の事故と原発の事故、この大きな違いを認識できないなら知事をやめるべきだ。
古里が無くなる、村、町が崩壊する。
生涯丹精込めて作り上げた土で作物を育てられなくなる農家の気持ちを理解できないのだろうか。
また、避難道路の問題について問われて、「両首長から具体的にこの道路をという要望はなかった。全力で、継続して、着実にやると回答した。ある程度、財政的な出動をしても県民の理解は得られると思う。」と答えている。
11月4日の予算委員会で、逢坂誠二議員の問いかけに、菅総理は「しっかりとした避難計画のない中で、再稼働が実態として進むことはない」と答えている。
至極まっとうな答弁だ。
このことをも村井知事は知らないのだろうか。







11月11日、東北電力女川原発2号機の再稼働が事実上、決まった。
村井嘉浩知事がこの日、地元の女川町の須田善明町長と石巻市の亀山紘市長と会談し、再稼働に必要な地元同意を表明した。
ただ、地元が不安を感じている避難道路の整備にどう具体的に取り組むのか、知事から明快な言葉はなかった。

 会見での村井嘉浩知事との主なやりとりは次の通り。

 ――知事のなかでの判断のポイントは。

 民意の代表である県議会や全市町村長、立地自治体の首長が(再稼働に)理解を示したことが大きかった。

 ――再稼働の必要性は。

 一人の政治家として原発について考えはあるが、それをみなさんの前で話すことで、県議会の判断や市町村長の判断にくもりが出てはいけないと控えてきた。

 私は再稼働は必要だと考えている。原発がある以上、事故が起こる可能性はある。事故があったからダメとなると、すべての乗り物を否定することになる。技術革新をして人類は発展してきた。

 福島の事故を教訓として、さらに高みを目指す、目指さないといけない。どういう時にも再生可能エネルギーで日本のエネルギーがまかなえる技術に達するまで、原発は必要だ。原油由来のエネルギーに頼らないで、エネルギーがまかなえる段階で原発の依存度を少なくする。県議会と立地市町の議会、市町村長の考えは間違っていない。

 ――避難道路の問題は。

 

米国大統領

2020-11-11 (水)

小悪党のトランプと、裏で巨悪と繋がるバイデンとの見方で、トランプを支持する向きもあるようだが、あらゆる情報に絶対的な信頼がおけない最近の流れの中で、何を基準に判断するのか。
分断か結束か、温暖化無視か抑止か、白人至上主義か多様性推進か、自国第一か協調主義か、様々な面で対立する両候補の選挙結果が、これほどまでの僅差結果になるとはどう考えても理解できなかった。
米国民の心の闇は深刻なまでに深いと言わざるを得ない。
新型コロナウイルスの蔓延がなければ、トランプの2期目を容認していたはずで、世界に大きな負の感情を広げていたのだから。
今回は神様がいて、コロナウイルスを使って振り子の頂点を押さえつけさせたのであろう。
情報錯そうの中、その情報の信ぴょう性を精査するよりも、各々の支持者を見ることで、より賢い選択ができると実感した選挙だった。

カマラ・ハリス米国副大統領

2020-11-11 (水)

夢を抱かせてくれるスピーチ。
日本の政治家も見習ってほしいもの。

7日の勝利演説で「この(副大統領)職に就く女性は私が最初かもしれないが、最後にはならない」と宣言。
「なぜなら今夜、(演説を)見た幼い少女は皆、米国が可能性の国だと分かったからだ」と力を込めた。 

SDGs村Hokkaido/NPO北海道club/Agt主催「蘇生Ⅱ」上映会

2020-11-01 (日)

10月31日、教育文化会館において白鳥哲監督のEM映画第2弾「蘇生Ⅱ」の上映会がありました。
ネット配信で見た映画でしたが、やっぱり映画は映画館で観るに限ります。
EMは放射能を低減するというベラルーシの科学者や韓国の国を挙げてのEM活動、原発事故からEMを活用することで農業を継続できたという農家の方々の喜びの顔が時に涙を流しながらも出てきました。
終映後、出雲のゆめの森こども園園長前島由美さんの挨拶もありました。
発達障害の子供たちを預かる前島由美園長さんが、食の改善で発達障害を克服できることを確信し、有機農産物を学校給食に取り入れる運動をする中で、木村秋則さん、吉田俊道さん、比嘉先生に繋がったということでした。
ミネラルや酵素が脳の活動に大きな影響を及ぼすことを強調されていました。
この活動が近い将来、全国に実践されることを祈ります。
少しはこちらも頑張らなければいけないかな。

ナノ粒子の危険性

2020-10-27 (火)

ネット情報から

欧州議会議員らは、ヨーロッパの消費者、特に子どもたちの健康を保護するために、二酸化チタンとアクリルアミドを含む食品に関する欧州委員会の二つの提案を否決したという内容です。
ナノ粒子を含有する着色剤二酸化チタン(E171)については、その量を減らすという欧州委員会の提案を議会は拒否し、代わりに「予防原則を適用し、 EU により許可された食品添加物リストから E171 を削除するよう欧州委員会に求めました。
議会の否決により欧州委員会は提案を修正するか撤回しなければならなくなりました。
二酸化チタンナノ粒子(E171)の有害影響として、大腸がん(結腸直腸がん)や炎症性腸疾患(IBD)などを誘発する腸内細菌叢(そう)への影響、発がん性(国際がん研究機関 IARCのグループ 2B(ヒトに対する発がん性が疑われる)などが知らており、また 10月15日に当研究会が紹介した通り、”二酸化チタンナノ粒子(E171)は人間の胎盤関門を通過する”ことをフランスの研究者らが最近発表し、二酸化チタンナノ粒子(E171)が特に子どもたちにリスクを及ぼすことが示されているので、予防原則を適用して、EU の許容リストから 削除することは妥当であると考えます。

「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

2020-10-20 (火)

毎日新聞記事です。
何と姑息な人間でしょう。
こんな人間が日本の政治家のトップとは本当に情けない。
前総理の退陣で少しは改善されるかと思いきやさらにおかしくなりそう。
日本の崩壊は止まらない

菅氏は12年の単行本で、旧民主党政権が東日本大震災時、会議で十分に議事録を残していなかったことを批判し、「千年に一度という大災害に対して政府がどう考え、いかに対応したかを検証し、教訓を得るために、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」などと断じていた。

菅政権の本質

2020-10-18 (日)

安倍政権の不祥事の解明には明確な否定、官僚に対しては堂々の独裁宣言、そして、安倍違憲政策への異論学者の学術会議への任命拒否、など明らかに安倍のお坊ちゃんよりは知恵者を感じさせる。
「自助・共助・公助」は、何となく頑張らなきゃ、と思わせるフレーズだが、生まれ持っての勝組からの口からだと、ハテナマークが付いて回る。

そして、お坊ちゃんは責任が無くなった途端に健康回復で、憲法改正を声高に叫び始めた。

「新しい生活」手始めの政策?マスコミは太郎大臣の「ハンコ」を大きく取り上げているが、政治家が大上段に切り込む話でもないだろうに。

ニュージーランドでは世界初の「幸福予算」をを国家予算に組み込むことを発表したとのこと。
精神疾患、子どもの貧困、家庭内暴力(DV)の三つの問題に多額の予算を当てる予定、とありました。

二つのNPO法人

2020-10-18 (日)

NPO法人北広島EM自給菜園の会の理事長を任されてから半年足らずの中、9月28日未明に作業場として活用していた会所有のコンテナから出火。

消防車が出動し10分ほどでの鎮火となりましたが、ご近所への飛び火などの二次災害が無かったのが幸いでした。

早朝にもかかわらず、5人の理事さんたちも駆けつけてくれて、小さな組織の緊密さを感じました。

昨日1日には再び集まり、焼け残ったコンテナの内部の片づけを行い、何とかコンテナを搬出させられました。

ボカシ発酵中のための電熱線が漏電したためと結論付けられた今回の火災ですが、高齢の理事さんと複数の会員さんでEMボカシを手作りして、会員さんに安価で提供する活動を続けてきましたが、この火災を契機として変化を求められる立場となりました。

出来ることと言えば、細やかな情報の伝達と現状では不可能な親睦会としての役割をどう作っていくかが課題です。

また、厚別に拠点を置いて25年以上にわたり活動してきたNPO法人北海道EM普及協会も、家主さんからのビル解体の申し出を受け、来春には事務所閉鎖を決断しました。

二つのNPO法人を同時期に見直すようになったのも運命なのかもしれません。

いずれにしても、会員さんに満足してもらえるような活動を目指して頑張ります。

トマト

2020-09-17 (木)

昨年は一切肥料を入れずに育てたために、生育状態が悪かった野菜たちでしたが、今年の春には、EMで処理した生ごみ堆肥や有機石灰、粗塩などを入れたおかげで、かなりの収穫がありました。
しかしながら、除草を怠り過ぎたために、巨大化したキュウリがあちらおちらに見つかり、早目に収穫を諦めなければならないものもありました。
これだけ生えてくれた雑草は、作物の残渣処理と併せて畑に返すことで、腐植質の増大と夏の間に光合成してくれた分が、来年の肥料になってくれると考えると、土作りにはプラス面が大きいと思います。
来年は、収穫しやすいように配置することと、野菜の種類による食卓への供給バランスを考えて苗を作ることを実践したいと考えています。
北海道EM普及協会の理事さんからは、ミニトマトのロッソナポリタンのソバージュ栽培で三段目に、80個以上の実が着いたとの報告もありました。
味も良しとのことで、9月に入ってから味が落ちてきたわが菜園も負けないように頑張るつもりです。
残すところ、ひと月半となった今シーズンですが、枝豆、長ネギ、大根、ビーツ、ヤーコン、大豆と収穫を楽しみながら、少しずつ秋仕舞いをして今年の畑仕事が終了です。

ブラジルクック
一個100g超30個以上の収穫
DSCN0029

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩