Home > カテゴリー > 日記

表現の自由?

2019-09-24 (火)

日本会議北海道本部主催のアイヌ民族に関する講演会のタイトル「あなたもなれる?みんなで“アイヌ“になろう?」が白石区民センターを会場にして、9月21日に開催された。
タイトルがヘイトにあたるとして、使用許可取り消しの声が上がったにも関わらず、「条例上、取り消す事由に該当しない」と判断したことは、「表現の自由」を誤解しているとしか思えない。
これは、愛知県のアイチトリエンナーレ2019の企画展「表現の不自由展・その後」の、慰安婦像に対する脅迫を含む外圧に屈した形で,安全優先として中止に追い込まれたことと同じ流れと感じる。
同化政策による民族消滅の責任に言及もせず、少数派を貶める行為だ。
歴史修正主義者としか思えない首相の影響なのか、自虐史観からの解放として、過去の事実にさえ目を背け、弱者への思いやりを無くした言動がマスコミを通して違和感が無くなってきている。
先月、観光人女性を罵倒した東国原英夫氏を、相変わらずテレビで多く見かけることも同根だ。
人の心には矛盾が存在する。
幼児の無邪気にも小動物に対して殺傷行為が具現化し、成人となっても善悪が混然一体となって、時に信じられない行動を起こすことになる。
戦時中の日本軍兵士の蛮行は、食糧支援、兵站を伴わないことからの現地調達もひとつの要因であろうが、住民を人として見なかったことが現在までに続く怨念の連鎖なのであろう。
宗教心の薄い現代日本人の最大の欠陥だ。
昔は、お天道様が見ている、として小さい頃から目に見えないものに対する畏怖の念を持ち合わせていた日本人が多かったのではなかろうか。
あのような心持ちは、幻となってしまっているようだ。

ヘイト発言

2019-09-04 (水)

元宮崎県知事の東国原英夫氏(61)が29日、出演したTBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(月~金曜・後1時55分)で、コメンテーターで東海大教授の金慶珠(キム・キョンジュ)氏(52)に対して声を荒らげる場面があり、ネット上で批判の声が挙がっている。
 番組では悪化する日韓関係について特集し、まず金氏が最近の流れについて説明をした。その後、東国原氏が発言している途中、金氏が「あの…」と意見をしようとしたところ、東国原氏が声を荒らげた。(以下放送より)
 東国原氏「黙ってろ、お前は!黙っとけ!この野郎、しゃべりすぎだよ、お前!僕、あの人が来たらね、今日欠席してる。事前に言ってよ今度ね」  
  (以上ネットから)

テレビでのコメンテーターは極論を主張することで面白おかしくする場合もあろうが、上記の暴言は、本人の内にある女性蔑視、韓国人蔑視が根本にあり、自分の意見が絶対的な正論、と考えているとしか思えない。
話し合うことの基本、「相手を敬う心」を忘れているのではないのか?
今回の日韓関係悪化の原因である徴用工問題も、解決済み、とされているが、被害者が納得したものなのかが重要であって、政府間の決定はその時の支持の思惑で左右される約束にしか過ぎない。
慰安婦問題もしかり、証拠となる資料は一切出てこないから軍の関与は無い、と言うことは簡単であるが、軍の力で占領下にあった朝鮮半島で、日本軍におもねる朝鮮人が存在し、その口車に乗せられて、慰安婦として連行されたことは容易に推測される。
それらを、「自虐史観」として過去を清算しようとする声が大きくなり過ぎて、史実の歪曲がまかり通っているようにも感じる。
平和で強制力の無い現在でも、名目は技術研修生として来日して、良い職場環境で働く人もいるが、パスポートを取り上げられ帰国することも出来ず、まるで監獄の囚人のように強制労働させられ、自殺にまで追い込まれている研修生までいることを直視する必要がある。
どんな事例にも表裏があり、一面だけを見てはいけないし、一面を正義として語ってはいけない。
立場の違いは、時に、正しさの基準を変えるものであるのだから。
日韓関係の修復には、日韓の歴史学者や識者の歴史検証が必要なのではないか?
歴史修正主義者と言われる安倍首相の持論が、どこまで認められるものなのか、戦後74年を過ぎた今、戦争体験者が存在するうちに、双方の立場を考慮してまとめる必要があろう。 

EMボカシネットワーク北海道支部

2019-08-19 (月)

8月16日、江別市セラミックアートセンターで、当番施設研修会が開催されました。
50年にわたり福祉施設の運営をしている社会福祉法人長井学園の数多くの施設から40名ほどの職員が参加してくれました。
私がEMの概要を説明した後に、芽室町にある柏の里めむろオークルの岡職員から「重度障がい者支援におけるボカシづくり」と題しての話があり、とても感動しました。
ボカシ作りには様々な工程があり、重度の障がい者でも何らかの作業に参加できる、と確信を持っていました。
混ぜる作業においては米ぬかが手に付くだけで嫌がっていた潔癖症の子には、時々、悪ふざけのようにわざと米ぬかをかけているうちに、徐々に米ぬかを気にしなくなって、作業に参加するようになった。
目が不自由な子は、発酵室のボカシバケツの管理を任せ、また、ひどく暴れる子が、乱闘もどきに何度もなりながらも、数年かけて作業に加わるようになり、わずかながらも給料をもらえるようになった時には、その保護者の方が、涙を流して喜んだという話もありました。
 どんな人間でもお金をもらえることは喜びに繋がります。本人には金銭感覚が無くとも、保護者や周囲に幸福感を与え、共同作業をしていけるということは本人の精神的な安定にも直結しているようです。

れいわ新選組

2019-08-05 (月)

森友、加計、年金不足など様々な問題を明らかにしないまま臨んだ参院選も、結果的に大きな動きは見られず、この先、一体どうなってしまうのという漠然とした不安だけが残った。
今、話題の映画「新聞記者」の結末のようにだけはしてはいけない。
そんな希望を現実に実行してくれそうな太郎氏が当選出来なかったのは誠に残念ではあるが、政党要件を満たし、次回衆院選に出馬、100人の候補者を立てると言い切り、「弱者救済をポピュリストと言うならば、そう呼ばれても構わない」とのスタンスを取る。
投票率が50%を切り、政治離れが進む中、無関心だった若者たちの政治への関心を高めるためにも、マスコミへの露出を増やして、頑張って欲しい。
消費税の収入増分は事業所得税の大幅減税などで帳消しになっていることや、100年安心年金制度は年金減額制度で支払い年金額を減らしていくので少額にはなるが年金制度自体は続けていけます、という数字の真実を明らかにしていくだけでも国民は目を覚ますのではないのだろうか。  

家庭菜園

2019-08-05 (月)

24日から収穫が始まったズッキーニは、3株で、今朝まで12本と順調に育っている。
昨年までの畑より相性が良いようで、2mくらいにまで葉を広げている。
市民農園のほうは強い風と水やりをしていないせいか、6株ながら6本の収穫。
梅漬け用の赤紫蘇を繁茂させ過ぎも影響したか?
リーフレタスは、5月初めに定植したものは暑くなってから一気にとう立ちが始まり花を咲かせているが、7月初めに定植した分はこれからの収穫。
ジャガイモがそろそろ収穫になりそうだが肥料不足のようで、葉の繁り方がイマイチだった。
しかし、直径60cmほどの鉢に植えたものは、生ごみ堆肥が効いたようで、1.2kgの収穫あり。
パクチーは先月中旬の播種分が出揃い、そろそろ間引きで食卓へ。
キャベツは手を殆ど掛けなかったせいで、虫食いでぼろぼろながら今日にでも収穫。
白菜は大失敗で、少々しか口に入らず。寒さに長く当たったせいで巻く前にとう立ち。これからの苗に期待をかける。
大豆は順調に育っており、ご近所さんにもおすそ分けが出来そう。
イチゴはやはりマルチが必要なようで、ワラジムシなどの虫害で、真っ赤に熟した時には虫食いだらけの有様。今年は苗作りの年と考えましょう。
トウモロコシは少々遅れ気味ながらも穂が出始め、市民農園のほうは、どうなりますやら。
先週、お隣さんが「アライグマにやられた」と3分の2ほど食べられたカボチャを見せてくれました。ついに来たか、という感じです。

家庭菜園

2019-07-03 (水)

葉物のパクチー、リーフレタス、クレソン、葉大根、ロケットは毎日食卓に上り、4月に播種したエンドウは早めの収穫終了も、先週、苗で定植したものがもう少しで開花予定で、イチゴはやっと色付いてきた。
キャベツ、白菜は青虫とウリハムシに穴を開けられながらも葉を大きく広げている。
10本以上あるミニトマトは、場所により成長に大きな違いがあり、収穫は今月末位からか。
風よけのために植わっていたアマドコロの真ん中に植えたナスは、陽当たり、栄養不足どちらか定かではないが、風よけをしなかったものより成長が遅れている。
ズッキーニは1週間後には収穫が始まりそうで、キュウリは苗の段階で地這いのものがどれなのか判別出来なくなり、すべて隙間や通路に這わせるかどうしようか思案中。
マクワウリとアジウリも混雑してしまい、苗ポットの段階で、それぞれに名札を入れて置くことを肝に銘じる。
4月から育てた長ネギは、6月中旬にプランターに定植し、順調に伸びているが、市民農園に定植したものは、雨不足で枯れ気味。
ズッキーニ、カボチャはまだまだ伸び切れておらず、地力が無かった場所のようで、今月末頃の追肥で頑張ってもらおう。

20坪での市民農園では、大豆は、おそらく、300粒くらいの播種で、鳥害は20~30粒程度で済み、雑草での目隠し法が成功、来年もこの方法でいけそう。
風が強いせいか、ミニトマトは一向に伸びず、地力もないようで、雨不足もあり、雑草さえもそれほど伸びず。
ジャガイモもお隣の茎葉と比べると葉の勢いが無い。畝尻のリーフレタスはこれからの収穫予定。
30本ほど植えたトウモロコシは、獣害対策として、EM活性液ボトルなどで結界作りも、EMが施用されていない畑では効果が出ない、の言葉に大きな期待を戒める。
地力の無さは、キャベツ、白菜にも現れていて、しかしながら、生長が遅い分だけ虫食いもなく綺麗な状態。
窒素分の過剰施用は良くないということを実感。
まてよ、風の強さで蝶々も寄って来れないのかも?

安倍政権の弱い物イジメ

2019-07-03 (水)

昨日、韓国向けに輸出規制の強化を発表。徴用工問題は、一部報道では、「個人の賠償請求の権利は残されている」とされている中、経済制裁は圧倒的有利な立場を利用しての、陰湿なイジメであり、問題解決の手段として用いることは友好国に対する最悪の行為である。
倫理観の欠如は、トランプ米国大統領に影響を受けたのか、政権の心根の本音が現れたのか、「大阪城のエレベーターは大きなミス」発言と併せ、弱者への気配りの出来ない自分ファーストの指導者は、この先、日本国の品格を貶めるつもりであるのか。
都合の悪い情報は開示せず、次々に新しいスローガンを掲げては、その検証をすることも無く、十年先など見通せない政治家たちを選択する日本に、明るい未来は想像出来ない。
年金問題の将来の心配もさることながら、現在でも月に10万円未満で苦しい生活を強いられている人たちがいることに目を向けなければならない。

調査捕鯨から商業捕鯨へ

2019-07-03 (水)

国際捕鯨委員会からの脱退で、環境保護団体から非難を浴びながらも開始された商業捕鯨は、鯨食文化の普及という名目で正当化したいようだが、鯨肉に含まれる重金属問題に加え、G20でも取り上げられたマイクロプラステイックの危険性も十分な検証がなされるべきであろう。
放射能しかり、危険性が伴う物に対しては、可能な限り摂取を避けたいものだ。

札幌奥友会

2019-07-03 (水)

6月26日、20年間在籍したゼネコンのOB会がありました。隣りに座った82歳の元営業部長さんと会話する中、私の協力隊参加の話題になり、「あの時は、なんのために行くんだ、とみんな考えていたが、後々、あんたみたいな人間が必要なんだなと思うようになったよ。」と言ってくれました。
そして、退職してから、海外旅行に良く行った中、私の赴任地のモロッコにも行ったそうで、それを聞いてとても嬉しくなりました。
アリはエサを見つけると、仲間に伝えて行列を作り少しずつ巣まで運びますが、中にはその行列から外れて違う所に行ってしまうアリが出て来るそうです。
集団行動に従わないひねくれ者のように考えてしまいそうですが、実は、このようなはみ出し者が、新しい別なエサを見つける可能性を持っているそうです。一か所のエサを運び切る前に、新たなエサを探す行動を始めているということです。
最近、それぞれの個性を寛容視できない風潮がはびこっているように見受けられますが、往年のフランス人のように、相手の個性を尊重できるような心の広さを持ちたいと思うこの頃です。   

生ごみ堆肥化と食育

2019-07-03 (水)

最近は塩が大きく活用されてきていて、本当に糠漬けを作るように、ボカシと塩をまぜたものでひと月かけて生ごみを堆肥化(漬物化)し、それを深さ10cmほどにすき込みシートで覆い、数日後に撹拌、その後も何度か撹拌を繰り返すと粘土地がふかふかな土になるとのこと。
注意点は、堆肥化の際に出来るだけ容器の蓋の開閉を少なくすること、畑に返した後はシートの内側を水分過多でベタベタ状態にさせないこととありました。
また、密閉式容器を使った生ごみ堆肥化は、どうしても臭いが出てしまうので、海水EM活性液に生ごみを浸して漬物状態にするという方法もあるようです。
処理容器の半分にEM海水活性液(塩分3%)を入れ、洗濯ネットに入れたボカシとあえた生ごみを容器の中で寝かせるという方法です。
臭いが気になる方は一度お試しを。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩