プラスチック・マイクロビーズ

プラスチック・マイクロビーズ

2019-03-04 (月)

100年以上海洋に残留することができ、広範に淡水や海洋の野生生物を汚染していることが発見されているとして、2014年には既に継承が鳴らされていたマイクロプラステイックは、洗顔料、練り歯磨、シャワージェルのような多くの化粧品などに活用され続けてきた。
そんな中、ニューヨーク州議会は、北アメリカの五大湖でプラスチック・マイクロビーズが不安を引き起こすようなレベルにあることを科学者らが発見したことを受けて、禁止法を制定することを決定した。

また、欧州議会 は2018年10月24日 プレスリリースで
プラスチック海洋汚染:欧州議会 「2021年までに使い捨てプラスチック製品禁止の欧州委員会案を支持」
として、
「使い捨てプラスチック製カトラリー(ナイフ/フォーク、スプーンなど)、綿棒軸、ストロー、コーヒースターラーは 2021年から禁止される。
ひとつのタバコの吸い殻は、 500 から 1000 リットルの水を汚染することができ、道端に投げ捨てられると分解するのに 12年かかる。それらは、二番目に多い”使い捨て”プラスチック製品の汚染源である。
海洋ゴミの 70%以上を占めるこれらの製品は欧州議会により承認された計画案の下に、2021年からEU市場で禁止されるであろう。」
と記事にあった。
北アメリカの五大湖などの閉鎖水域では危険度の高まりが如実に表れてくるため、早急な対策が取られ始めているのに、日本の取り組みは余りにも遅い。 

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩