日本の未来?

日本の未来?

2017-10-03 (火)

今がピークでこれから先の政権支持率は下降していくことを見越しての、ここで過半数を得ておけば、「国民の信頼を得た政権」として、憲法改悪に走るつもりの突然の解散は、前原代表が、正直過ぎる「打倒安倍政権」の思いをうまく利用した狡猾な小池都知事の策略にはまったことで、民進党消滅という思いも寄らぬ結果を導き出してしまった。

都議会選挙の時に懸念された「日本会議」の影が、呉越同舟的な右から左までを結集しての「反安倍」を目指した前原代表の思惑を呑み込んでしまい、結果、維新と並ぶ右翼的、新自由主義的な政党を創り出そうとしている。

自民党から政権を奪うためには、自民党支持者を奪い取ることが最短距離で、小池都知事はそこを狙っている。

そして、「リセット」された若狭氏では確かに度量不足であったが、都民ファーストの会の代表の決定の経緯などを見ていると、独裁者的な女帝として君臨する夢を抱いているように見える。

このままでは収まらないであろうが、リベラル勢力はどうなる?

2日、立憲民進党氏の立ち上げが宣言された。

リベラルグループの進む道は地域政党か新党であったが、少なくとも、これで生き延びることは可能になった。

そして、今回は二つの保守の候補が出る選挙区で、票の奪い合いが起こる。

見方を変えれば、リベラルが有利とも言える。

市民参加の統一候補が逆転ホームランのビッグチャンスである。


右と右だけの選択肢では日本は中国との衝突で消滅します。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩