学校給食の完全米飯化

学校給食の完全米飯化

2016-11-01 (火)

10月30日、幕内秀夫氏の講演会があり、学校給食の米飯化についての現状を聴いた。
思えば、私が小学1年生の昭和35年、三笠の新幌内小学校では、自校式の給食が始まり、当時は、味気ないコッペパンと脱脂粉乳、おかず1,2品が基本であった。
それが、平成26年5月の時点で、米飯給食は週当たり3.4回まで増えていたのである。
食料自給率のための施策の効果であろうが、それ以上に、糖質、タンパク質の摂取量を考慮すると、米飯給食は適正な脂肪分で献立を考えられるが、パン給食ではかなり多めの脂肪分となり、肥満につながる給食となってしまうとのこと。
また、パンに含まれる食品添加物や、輸入小麦のポストハーベスト農薬の心配がなくなり、食料自給率の向上、食器洗いの洗剤の使用量まで減少する、など様々な利点。
さらに、子供たちの命に関わる食品アレルギーの過半数を占める鶏卵、乳製品、小麦の3食品での事故も確率的に減らせることになり、来春には、全国の学校のうち10%以上が、週5回の完全米飯化を実施することになると言う。
食料自給率200%と言われる北海道ではあるが、子供たちの健康と何よりも生命を守ることを考えると、完全米飯給食に向けて各市町村に頑張ってほしいと感じた。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩