自家採種

自家採種

2016-08-13 (土)

4月4日播種した自然農法国際研究開発センターの大根「ふじ宮重」の種が採種できました。
順調に生育していた大根でしたが、ポットが小さかったせいか、開花後に強風で中折れしてしまい、葉もどんどん無くなったので、種が充実しているか心配していました。
発芽試験したところ4個のうち3個が発芽したので、本日8月13日、大き目のプランターに新たに播種。
正常な種子になっているか成育試験です。
11月には、立派な大根が収穫できることを夢見て。
土は、生ごみをボカシ和えして、姿かたちがなくなったものと、元の土を混合。
少しだけピートモスを混ぜ込みました。

ふじ宮重自家採種1

ふじ宮重自家採種2

ふじ宮重自家採種3

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩