佐藤のりゆき

佐藤のりゆき

2015-01-05 (月)

4月12日の北海道知事選挙に立候補しているお二人の鮮明な違いは、泊原発の問題。様子見の高橋知事、即時停止の佐藤氏、明確なのがいい。
北海道に原発がいるのかいらないのか早い時期にはっきりさせるべきなのだ。
3月で4年が経過しようとしているのに、国は将来的なエネルギー計画を方向修正しようとしている。
これは、国民の生命、人生、生きる権利を無視し、また、確率的な安全論は原発技術に対しては不適切であることを福島で学べていないことを意味する。各電力会社は既に、津波対策のために防潮堤などの工事や設備の改善などで2兆円ほどを費やしているという。
この金額はすべて国民が電気代として支払うことになる。
これだけの予算を、電力網の充実に回していたなら明るい未来が見えるはずであった。
溺れかけている船に早目に見切りを付けなければ、日本という国は自然資源を生かせないまま沈没の危機に瀕すると思われる。
原発や、無駄な土木工事は早急な方向転換を図らなければならない。
函館市は大間原発稼働差し止めを求めている。
今や、地方が主体となりエネルギー問題を決定するべきなのだ。
北海道も大きな決断をする時である。 

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩