原発再稼働

原発再稼働

2014-11-06 (木)

鹿児島県川内市の原発再稼働に向けて、県知事と宮沢経産大臣が会談、その時に大臣は「万が一事故が起こっても、国が関係法令に基づき、国が責任を持って対処する」と説明していた。
福島原発の現状を見れば、この発言の愚かしさは明らかである。
福島原発の汚染に対して、国の対策がどれほどの効果を上げていると考えているのか、被災者たちにお金をばらまけば責任を持って対処したことになるのか、会見の場で発言をただただパソコンに打ち込んでいる記者たちは、まともな質問を投げ掛けられないのであろうか。
放射性廃棄物の問題もあるが、それ以上に、万が一の事故で、どうにもならない被害が出る原発技術は、早々に廃棄しなければならない。
テレビ番組で阿川佐和子氏が聞いた話として、怒鳴ると泣き出す若い記者もいて、新聞社内で大きな声が無くなった旨を言っていた。
親にも先生からも怒られず育ってきた、いわゆる良い子の学力優秀な若者が記者になっているのであろうか。
そういえば、先日、20年間在籍したゼネコンの現役職員からも同じような話を聞いた。
H大の新人は現場のハードさに耐えかねて、すぐに退職したと言う。
また、それとは逆に、やる気満々の女性が試験を受けてくるとのことで、世の中大きく変わっているようだ。
これからは、女性記者に頑張っていただき、福島の事故に対して、誰一人責任を取っていない政治家のいい加減さを徹底的に追及して欲しいものである。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩