菜園2014

菜園2014

2014-06-09 (月)

やっと雨が降ってくれました。
タマネギや大根、ホウレンソウなどは、気温の割に成長していません。
じゃがいもの新栽培法としての高畝式「プレリッジ栽培」も3年目ですが、早くもテントウムシの発生です。
何となく縮れた葉になっているような気がするのも水分不足のせいか?
まあ、この雨で少しは持ち直してくれるでしょう。
法尻のレタスも少しずつですが、葉を広げてきています。
欲張って植えた、豆や長葱キャベツなどはどこまで成長してくれるのでしょうか。
女竹で20cmほど穴を開けて、落とし込んだ長葱の苗も少しずつですが穴から背を伸ばしてきています。
土寄せ要らずの方法ですが、追肥ができないので雨降りの前にボカシⅡ型を撒くしかないようです。
どこまで太くなってくれますやら。
キャベツ40株には、青虫が20匹ほど付きました。
白や黄色の卵も殆どに植え付けられていました。
この時期の葉裏は要注意です。
間引き菜としてホウレンソウを初収穫しました。
御浸しにして頂きました。
感謝です。
これからの5か月間、ぞんぶんに楽しませてもらいましょう。
「プレリッジ栽培」
オランダで行われている栽培法で、畝幅75cm、高さ30cmに全粒の種イモを15cmの深さに埋める方法。地温が安定し、排水性も優れる。
プレリッジ式6月7日
ジャガ14-06-07左

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩