チビとモモ

チビとモモ

2013-01-21 (月)

黒猫チビ11才、白黒猫モモ10才、今冬は外に出る回数、時間ともに減少気味。
年を取ったせいなのか、玄関まで歩いていくのだが、ドアを開けても外に出ていくことが少なくなった。
野良の時に一度外で冬越し経験のあるチビは10分ほど戻らない時があるが、モモは数分で戻ってくる。
数年前であれば雪の中でも一緒に10分以上は散歩したものだが、寒さに弱くなってきているのかもしれない。
先週、体重を計ってみると、チビは4.1kgでさほど変わらないが、モモは5.5kgと大きくなっていた。
運動量も減ってきているせいなのだろう。
不思議なことは、キロンがいなくなって2年を越したが、チビの変化である。
キロンの癖であった夜の就寝前の消灯後の独り言を、チビがムニャムニャと言うようになったのだ。
ほとんど声を出さない猫であったはずなのだが、キロンが体を借りているのか?と思うほどである。

      パソコン横のチビ           食器棚の上のモモ
CIMG3648 CIMG3650

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩