誕生

誕生

2012-02-29 (水)

姉の次男夫婦に待望の男児が生まれました。
昨年夏の兄の突然の事故死と同時に妊娠がわかり、お嫁さんは心を痛めていたようで、喜びは小さなものになっていました。
静かな正月が過ぎ、大雪の岩見沢が度々報道され、そして、ようやく2月8日に出産。母子ともに無事の知らせに安堵しました。
しかしながら、おばあちゃんになった姉はというと、4,5日ほど前から咳が出ていて、検査をするとインフルエンザに罹患していることが判明。
完全にインフルエンザのウイルスがなくなったと確認できてからのご対面ということになり、私も早く行きたかったのですが、昔の体験が思い出されて断念。
というのも、青年海外協力隊のアフリカからの帰国時に、軽い咳症状がありながら、在京の知人、親せき宅に宿泊。
後日、ひどい発熱、咳でひどい目にあったと連絡があり、保菌者としてあちこちに悪性の病原菌をばらまいてきたことを知ったことがあるので、しばらく様子を見ていました。
そして、誕生から19日目の26日に姉も一緒に初のご対面となりました。
4500gで生まれた私の半分以下で生まれてきた「瑛太」は、1週間で500gも増えたそうで、成長率1.2倍以上と驚異的な速さで大きくなっているようです。
EM-X Goldをお腹の中に居るときから飲んでいるので、頭脳明晰、運動神経抜群の人間に成長するとみな考えていて、将来は「医者でメジャーリーガー」になればいいと話が弾みました。
誕生祝は当然EM-X Gold、そして、お風呂用の特別EM活性液。
母乳が出ているときのお母さんの肌には、乳酸菌がもっとも多いということを聴きますが、お風呂に活性液を入れると、塩素の害がなくなり、EMの有用菌が肌を守ってくれますし、抗酸化物質が肌から吸収されるのでいいことずくめ。
いつ歩き出すのか、話し出すのはなど、これからの成長が本当に楽しみです。
お腹にいた時のことも聞いてみよう、などと言っていたのですが、昨夜のテレビでもそのことを取り上げていて、興味深かったのは、お母さんが偏食していたものを子供が覚えていたこと。
一人はスイカバーで、「お腹の中は冷たくて暗かった。スイカの味がした」。もう一人はりんごを3つくらいづつ食べていたお母さんのこどもは「アップルの味がした」と言っていました。
スイカやリンゴの味となる物質的なものが、へその緒を通して伝わっているとは考えにくいので、お母さんの意識が胎児の意識と繋がっていると考えたほうが納得がいく。
これは「暗い」という胎児の現実的な感覚と、「冷たい」「何かの味」というお母さんの現実感覚を、テレパシーのような能力で受け取る胎児の超能力的な感覚の両方が存在すると考えられるのだ。
太古からの言い伝えに、科学的な真実が多く含まれていることと、超能力の存在は何かで結びついているように思えてならない。

                 瑛太19日目
CIMG2757 CIMG2761

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩