福井県越前町

福井県越前町

2011-02-28 (月)

2月26日、全国EM技術交流会が越前町で開催され、来年の札幌大会の打ち合わせと、27日の全国EM普及協会総会での大会受諾挨拶のために2年ぶりに参加した。下水処理場でのEM活用で処理汚泥を画期的に減量、高齢農家での高付加価値のついたピーマン増産などで健康保険料も格段に減少させるなどの大きな成果を上げた旧宮崎村が近隣町村と合併し、越前町となってはいたが、人口は2万人を少し超える程度の規模でありながら、地元民のEMへの思いは熱く、500人の定員の会館に700人以上の聴衆で、まさに、熱気あふれる大会であった。懇親会にも200人近くが参加し、本当に盛況であった。来年の札幌大会も頑張らなければ、との思いを強くして帰って来た。
 比嘉先生の話で、興味ある内容を一つ。光合成細菌などは2次元の波長ではなく、コイル状の3次元の極微小の性質を有しているので、太陽光線から電磁波まで、すべてのエネルギーを自らのエネルギーとして取り込めるとのこと。EMを同じように培養させてもまるで違った発酵になることがあるのは、個人の気のエネルギーがEMに影響を与えているということですかと聞き直したところ、イエスの返答。私は大きく納得したのでした。ちなみに、平成の大合併により、越前市、越前町、南越前町と三つの越前が誕生していました。本家はどこなのか、よそ者にはわかりにくいところです。
p.s.研修施設での宿泊所から10分のところに織田信長公氏神の社「劔神社」があり、早朝、参拝した。越前町織田は、信長の祖先の故郷で、織田氏の祖は荘官として、また、神社の神官としての由緒ある家柄から、才能を見いだされて出世していったということで、元々の殿様ではなかったと初めて知りました。粗暴のイメージが強い信長ですが、改革の気概を持った本当の天下人だったのかもしれません。明智光秀が謀反を起こしていなければ、現在の世界が変わっていたことを考えると、たった一人の行動でも、簡単に世界を変えうるということを学んだ気がします。「未来を良くする行動」判断基準のひとつに加えたいものです。
     
CIMG2109CIMG2108

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩