シャボン玉石けん

シャボン玉石けん

2011-01-13 (木)

2005年からEM添加の商品の製造が始まり、毎年100万円ほどを販売しているシャボン玉商品ですが、上記タイトルの小冊子には、少々過激な内容も含まれていました。「国が許可しているから安全なの?」「無添加」「自然にやさしい」「植物原料」などの表示は大丈夫?と問いかけます。
シャボン玉商品は天然油脂を原料とし、蛍光増白剤、酸化防止剤、着色料、香料などを全く使わない純粋な「無添加石けん」であり、排水は短期間のうちに生分解されます。
一方、合成洗剤は「合成界面活性剤」であり、生態系に影響を与えるおそれのある有害な「第一種指定化学物質」を含んでいるものが多々あります。LAS、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、アルキル硫酸エステルナトリウム、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(化粧品などではラウリル硫酸やラウレス硫酸ナトリウムと書かれる)などの表示があるものは危険性が大です。
また、「無添加」の表示には「香料はゼロ」「合成着色料は・・」「漂白剤は・・」という無添加のものを小さく表示しているものもあります。許せませんね。
また、石鹸と表示していても、1週間熟成させる「ケン化法」と、5時間ほどで出来る大手メーカーの「中和法」では、保湿成分のグリセリンの含み具合が全く違うので、大手のものは顔につっぱり感が残ります。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩