生ごみ処理ビデオ

生ごみ処理ビデオ

2010-12-12 (日)

9日10時から、中沼の生ごみ堆肥化の実践をされている家庭で、札幌市が制作するビデオの収録があり、技術指導役として参加。生ごみは一晩水分を飛ばしてから密閉容器に入れるというだけではなく、お茶がら、みかんの皮、バナナの皮、卵の殻は小さく刻んで乾燥させておき、生ごみ処理時の水分調節材として活用していた。お茶がらは、そのまま入れると水分過多にして容器内の状態を悪くしてしまうので、乾燥させて水分を吸収させる側にすることは、ベストの処理の仕方。さらにみかんの皮は、畑に返すとねぎ類のかび病予防に対し効果があるので、あらかじめ混ぜ込み処理することで耐病効果も上がり、卵の殻は細かくしておくことで容器内の酸性状態に長く多くの面積が触れることで、カルシウウム分が畑の中で溶け出しやすくなる。様々なものを細かくして乾燥させておくことで、長い期間の容器内の処理が可能になり、臭いも出にくくなる。そして、、微生物の活動が長期になることで、様々な酵素・ビタミンなどが生産され、微生物数も増え、まさに、微生物活性値の高いアミノ酸堆肥が出来上がり、このような堆肥を施用すると、多少の物理性の悪さは克服され、健康元気野菜の収穫が可能になるのである。
教訓:良質堆肥はこまめな処理から
茶がら、みかん、バナナ、卵の殻  ハサミより包丁切断のほうが楽
CIMG2039 CIMG2041

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩