キジ見参

キジ見参

2010-01-07 (木)

7日昼にお客さんを見送りに道路に出て、ふと向こうを見ると20mほど先のT字路の真ん中にキジがいる。大急ぎで部屋に戻り森岡に声をかけ、カメラを持って再び出たが、いない。雪道を転ばぬようにゆっくりとT字路まで行くと、いました。ゆっくりと道の真ん中をよちよちと歩いている。少しでも近くから写真を撮ろうとするのだが、相手もこちらに気づいて、なかなかうまくいかない。しょうがないので、ズームで撮ったが、あっという間に住宅の間を雪の中に消えてしまったため、後姿ばかりの写真でまことに残念。でもその羽毛のきらびやかさは素晴らしいものでした。30年前の青函トンネルの時、13,4年前の別海町の時と、今回で3度目の野生のキジとの出会いでした。
       ピンボケのキジ
CIMG1275CIMG1274

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩