イーエム・エコのEM猫たち

イーエム・エコのEM猫たち

2009-07-05 (日)

シャム混じりのキロンの親であり、白黒ブラックジャック風のモモの乳母でもあるチビは一番の大食漢である。丸一年間の野良生活がその性格を形作ったのであろう。生まれてすぐに家に入ったキロンは食べ方が上品。3か月後に入り込んだモモは今では5kgを越す一番大きな唯一のオス。見回りが長く、時々、傷を負って帰宅。EM1号の世話になっている。トイレにはEMパウダー,えさにはEMX、時々ボカシ、ブラッシングにはEM2号で健康を維持している。8歳と7歳2匹は外が大好きで、早朝の散歩はかかさない。
CIMG1006

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩