EMエコだより

地震と原発

2018-09-08 (土)

9月6日早朝に起きた胆振東部地震に対して、政府の地震調査委員会は「石狩低地東縁断層帯」より下の別の場所で発生しており関連はない、と説明したとあった。
昨年の熊本地震でも従来の活断層と別な震源地での地震が相次いでいることを考えると、従来の原発立地条件の活断層の真上はダメなどと言っていることの愚かしさが際立ってくる。
地震の危険性が世界で最も大きい日本という国土には、原子力発電という危険極まりない設備は絶対に存在してはならないものなのではなかろうか。
さらに言うならば、今回、厚真火力発電所の停止による道内全域の停電などという、大きな被害を出している現状を見ると、大規模発電所システムに対するデメリットは社会的な大混乱を招くことが明確になった。
スペインのような、再生可能エネルギーを中心とした小規模発電集積型で全国的な電力コントロールシステムを構築していくことを望みたい。

台風と地震

2018-09-08 (土)

そして、翌朝3時。
夜明け前からチビと散歩中、突如ぐらぐら揺れた途端に街灯がすべて消えてしまった。
チビは驚いて家に向かって走り出し、真っ暗な部屋でローソクに火を付け、見回すと開けっ放しの食器棚の上段からコップ5個が落ちて割れていた。
不思議なもので、ビール用の陶器カップや湯飲み茶わんが落ちていたにもかかわらず、無傷。
どういう落ち方をしたのか?
水は出る、ガスは使える、ということで、冷蔵庫と冷凍庫の心配だけ。
じゃがいも、タマネギは沢山あるし、畑にはミニトマト、長ネギ、ズッキーニとあるので、食料の問題はなし。
お隣さんたちの声がするので表に出て、情報をもらう。
苫小牧付近、震度6、ここで5か、意外と強かったことに驚く。
外にいたせいで揺れを感じにくかったのかもしれない。
5時過ぎ、10km離れたリフォーム中の家を見に行くついでに近くの湧き水場に寄り道し、信号が作動していないので大きな道優先で到着。
中に入って異常がないことを確認している最中に余震、2くらいか?
柱と梁だけの状態だったが、揺れ方にも異常がないことに安心。
7時を過ぎると、本州方面から携帯に電話が入りだし、無事を伝えながらも長話をしてしまう。
昼を過ぎてから、携帯の電池が少なくなっていることに気付いたが後の祭り。
夕方には通話不可能になり、車のラジオだけが情報収集手段となってしまった。
いざという時のためには、車から取れる携帯の充電器を常備することが必要と感じた。
それとラジオと懐中電灯の電池、ロウソクは常備しておくことも痛感。
ここ西の里は、晩酌が終わった8時近くに通電があり、冷凍庫、冷蔵庫の中も無駄になることなく被災体験終了。
隣の厚別は停電中だったが、昨晩、通電があったようで、一安心。
震源地の亡くなられた被災者の方々の魂よ安らかであれと願う。

強風雨

2018-09-05 (水)

DSCN8539[1]DSCN8538[1]

夜中の3時ころには、強い風と雨音。
私の傍らで寝ていたチビも、落ち着かないようで、何度も私の顔に鼻面を近づけてくる。
食べさせて、浅い眠りの後、雨もやみ明るくなったので、一緒に外へ出てみると、物置の後ろにあった松の木が倒れていて、物置の屋根に覆いかぶさっていた。
お隣の物置は横倒しになっていて、ここに住み始めて21年目にして、初めての強風被害を目の当たりにした。
全国的な災害は他人ごとではないことを肝に銘じた。

厚別区防災訓練

2018-08-30 (木)

10年以上参加している防災訓練ですが、今年は雨のため体育館内で行われました。
お隣のブースが警察でしたので、刀剣所持時の防護服を着用させてもらいましたが、5㎏以上と意外と重く、訓練時は男女の区別なく装着して数キロ走るということで、警察官も大変なんだと実感しました。
自衛隊、消防署、消防団の方々もおられて、皆さん、現場では大変な思いされていることをを考えると、感謝の気持ちが沸きました。
DSCN8527

ミニトマト糖度コンテスト

2018-08-30 (木)

8月25日、NPO法人北海道EM普及協会において、会員さんが持ち寄ったミニトマトの糖度コンテストを行いました。
昨年は19日に行ったのですが、熟すのが遅かったせいもあり、参加数が少なく15人18点で、最高糖度はアイコ黄の7.8度でした。
平均では、5.46度の結果でした。
今年は、成育初期の日照不足のためか、1週遅くても熟した数が少なく、また、前日の雨のせいか糖度は全般的に低くなりました。
参加者は12人の29点で、最高糖度はネネの5.8度でした。
平均では、3.67度と、昨年より1.79度低く、太陽さんがしっかりと照ってくれなければ、光合成による糖が出来ないことでこの結果となったようです。
ちなみに、ハウス栽培のものでは、糖度6.2度がありました。
また、糖度測定器によって違いがあり、デジタル式のものは、普及協会が保持している光の屈折による測定器より2度高くなりました。
市販されている時に見かける糖度表示が、どのような測定器によるものなのか味わってみるしかないようです。
デジタル式に換算すると、昨年の最高糖度は9.8度となりますから、素晴らしいミニトマトということになります。
糖度を上げる栽培
秋に残差、生ごみ堆肥、ボカシ、牛糞堆肥をすき込み、たっぷりと、EM活性液をかけ、畝を立ててマルチをかけて春を待つ。
春になったら植穴を開け定植。
追肥はなしで、葉面散布を月に2,3回。
これで美味しいミニトマトが食べられます。
お試しを。

たつかーむ

2018-08-07 (火)

20年以上前から伊達で、EM-1を使って平飼い養鶏をしている「たつかーむ」さんの卵を見つけました。
豊平区美園にあるラルズですが、1個100円というものもある棚に並んでいて、1個60円の値段が付けられていました。
50年以上前の卵は、大きさによって、8円、9円、10円とガラスケースの中に積まれて売られていましたが、少なくとも物価は5倍くらいにはなっていますから、良い卵であれば100円してもおかしくないわけです。
日本はまだ畜産福祉という家畜の成育環境に対する規制がなく、ケージ飼いという工業製品のような扱いを受けていることは、決して良い環境とは言えない状態です。
東京五輪では、農薬大国の日本の農産物は危険なので、自国から持ち込むなどの話も持ち上がっています。
有機農産物の確保が騒がれるようになる前に、政府が本腰を入れて有機農業を推進しなければならないでしょう。
福島の復興途中にも関わらず、原発はコントロール下にある、とのたもうた安倍の坊ちゃんのせいで、復興が置きざれにされてしまい五輪開催となったことには、今でも反対ではあるけれど、何か一つでも良い方向に進んでくれることを願うばかりです。
たつかーむ

EM批判記事

2018-08-02 (木)

またまた出ました批判記事。
批判してきた「研究者を含む多くの人」ってどんな人なのだろうか。
丸川珠代氏の「科学的検証データを承知していない」って誰に調査させたのだろうか。
元半田市長の榊原伊三氏が「今はくさいという声は聞かない」と話した事実をどうとらえるのか。
山下誠・名古屋大教授「自治体の調査でも効果がないことは明らか。」と言うが、すべての自治体にあたっているのだろうか。
毎日新聞は、専門家という、一見正しさの権化に思われる立場の学者にも様々な意見があることを再認識する必要がある。
この先、EMを批判している人たちが、必ず黙り込む時が来る。
その時には、微笑みを浮かべて、弁解を聞いてやりましょう。

毎日新聞2018年7月31日
20年以上前から水質浄化などに効果があると宣伝されながら、科学的な裏付けがないと指摘される「有用微生物群」(EM菌)について、伊藤忠彦副環境相(54)=自民、衆院愛知8区=がフェイスブックやツイッターに「(イベントで)運河に投入した」と投稿したところ、研究者を含む多くの人から批判が寄せられ、伊藤氏は一部の投稿を削除した。

EM菌は1990年代に琉球大教授(当時)が有用性を提唱したが、2016年2月、当時の丸川珠代環境相が国会で「水質浄化に効果があるとの科学的検証データを承知していない」と答弁している。伊藤氏は毎日新聞の取材に「恥ずかしいが、過去の対応を知らなかった」と釈明した。

 伊藤氏やイベント主催者によると、今月22日に選挙区内の愛知県半田市で開かれた「半田運河手づくりいかだレース大会」で、参加者とともにEM菌をテニスボール大の団子状にしたもの約1000個を会場の半田運河へ投げ込んだ。

 主催者代表で元半田市長の榊原伊三さん(77)は「昔の半田運河は泥の臭いがすると言われていた。河川浄化の思いを込めて数年前からEM菌団子を投入し、今はくさいという声は聞かない」と話す。

 一方、伊藤氏の投稿には直後から「科学的根拠のないものを川にばらまくな」など、批判的な意見が相次いだ。「日本の政治において科学的アプローチが軽視されていることの典型」とツイッターに投稿した山下誠・名古屋大教授(有機・高分子化学)は「自治体の調査でも効果がないことは明らか。現職の副大臣がそういうことも知らずに行動をとるのは、お墨付きを与えることになる」と話す。

 伊藤氏は取材に「環境相の答弁などを調べるうち、私の立場で『これはいい』と言うことは良くないと思った」と説明した。

 伊藤氏は05年に衆院議員に初当選し、現在4期目。16年8月から副環境相を務めている。【五十嵐和大、式守克史】

<熱中症の激化は、猛暑だけのせいではない>

2018-07-22 (日)

菌ちゃんファームからの通信に以下の文章がありました。
皆様、お気を付けください

今回のテーマは<マスコミが言わない熱中症対策>です

 購入食のほとんどは、水煮で濁った湯(栄養が溶出したスープ)を交換し、あと少しは残っているミネラルが食品の味や色などを変えないよう、リン酸塩を添加することでミネラル(金属イオン)の働きを封鎖しています。

だから日頃から購入食を食べ続けると多くのミネラルが不足してて、
心や体が正常に機能しにくくなります。
夏にこむら返りする人は、まずミネラル欠でしょう。
今の熱中症の人は、熱中症と言うよりもミネラルの栄養失調症と言った方が適切かもしれません。
.
ミネラルを多く含むものは
海の生きもの全体(煮干し、昆布など)
これらを出来るだけ少量の酢に1日漬けてから食べたり料理に使うと、
胃腸の働きが弱っていたり、水をたくさん飲んだりして胃液が薄い人には効果てきめんです。

出来るだけ小さなタネ(あわ、アマランサスなど)をつぶしてご飯と一緒に炊くのもお勧めです。
(タネは生きものにとって一番重要。小さくなればなるほど、それほど重要でないものを削るしかなく、結果本当に大切なものだけになります)
.
それから喉が渇いたときに自販機で買う飲み物でよく売れている、薄めのきれいな色のお茶はお勧めできません。
色が濁るのを防いだり、味が水源によって変化しないように、あらかじめ水からミネラルを除去している可能性が高いです。

蟻の行列

2018-07-13 (金)

先日、テレビで蟻についての番組が放送されていた。
ハキリアリが植物の葉を巣に持ち込んで、キノコの栽培をするという話は聞いたことがあったが、小さい頃にしゃがみ込んで見た蟻の行列には、化学物質の存在があったことを知った。
四方八方にエサを探しに行き、エサを見つけた時に、蟻の身体に変化が起こる。
道しるべフェロモンと名付けられた揮発性の化学物質を出すのである。
その匂いが道筋となり、どんなに遠くであろうとも殆どの蟻はその道を辿っていく。
エサが無くなればフェロモンは出なくなり、揮発性であるがゆえに時間と共に薄れていきその道筋はやがて無くなる。
面白いのは、すべての蟻がその道筋を進むわくではないことだ。
脇道にそれる蟻もいて、この蟻の行動には新たなエサを見つける可能性があると説明されていた。
周囲と別行動を取ることが、遺伝子に組み込まれているのか、遺伝子異常が種族維持に貢献するのか、生命の不思議である。

トマトの脇芽

2018-07-04 (水)

ミニトマトの栽培をしている会員さんは多いのですが、数年前に脇芽を天ぷらにして食べると美味しいと聞きました。
ネットで調べた所、毒性があるとのことでした。
以下その情報です。

トマト特有の強い香り・青臭さは、トマチンという物質によります。
トマチンは苦味をもたらし、多量摂取するとヒトに毒性があります。
じゃが芋の芽に含まれるソラニンとほぼ同様ですが、量的には毒性のやや弱いアルカロイドです。
含量は、品種や組織や生育時期ごとに異なり、花、葉、茎に多く、根や未熟果実ではそれよりも少なく、完熟果実ではかなり少なくなります。
現在の食用トマトでの測定例。
花(1100 mg/kg) 葉(975 mg/kg) 茎(896 mg/kg) 未熟果実(465 mg/kg) 熟した青い果実(48 mg/kg) 完熟果実(0.4 mg/kg)

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

北広島市西の里
東3丁目7-2
(有)イーエム・エコ
TEL:011-375-4234
FAX:011-375-4244

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・3匹の愛猫との散歩